FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

「布勢の山王(さんのう)さん」へ参拝して… ♡♡

2016/01/04 23:30

 * 住古より幼児の守護神として親しまれた「日吉神社」のことです *

元日の地元テレビのニュースを見ていたら、干支の「申」が境内に魔除けとして
「銅猿」がいるとの話だったので、それはどこ?
で、探して出掛けてみました♪(/・ω・)/ ♪

由緒: 室町時代(15世紀頃)、因幡の守護職であった山名氏が、
    近江国(滋賀県)比叡山山麓にある日吉大社の分霊を
    勧請し奉祁したのを始まりとしてるようです。


ありがたいことに、今日は暖かい日和でした…

20160104211937f9d.jpg

日吉神社(山王さん)の「御神水」で清めて…階段を上がり社殿へ

20160104212201f6c.jpg

賽銭を入れ、拝みます。
住所・名前・感謝・お礼をのべて…「御神猿」に会いに社殿の横へ(笑)

20160104212342e3a.jpg

神殿に向かって左側にいる「銅猿」は、雌で子供の猿を抱いています。

2016010421252261c.jpg

神殿に向かって右側にいる「銅猿」は、雄が金幣を担っています。


山王さんと猿
「猿は山王の使わしめ」ということわざがあるそうです。
山王は、近江国の日吉大社の別称で、「猿は山王の神の使いである」
という意味になります。
神仏への願いやその利益を取次ぐと信じられた動物は「神使」と呼ばれ、
「春日の鹿や稲荷の狐」などがよく知られていますが、山王では、「猿」が
神の使いとして大切にされてきたとのことです。

山王では、猿を真猿と称し、「勝る」・「魔去る」にかけて厄除けや魔除け
などの御神威をもたらす縁起のよい「御神猿」として信仰されています。

2016010421265351c.jpg

絵馬も沢山書かれていて…猿の絵馬は可愛い(っ*^ ∇^*c)

201601042128262db.jpg

仕事始めの会社の方々の「御祈祷」があったみたいで…
神主さんが祝詞をあげてました

子供を育ててる時に、「山王さん」という神社があることは聞いていましたが…
一度も行ったことはありませんでした。
子供が大きくなって、巣立ってしまってからの参拝になりました

今の銅猿の先代は、昭和の戦争で出征兵士となって応召されたため、
昭和25年に現在の銅猿が再建されたとのことです。


[編集]

スポンサーサイト

関連記事

コメント

こんにちはーー^^

コメント欄がどこにあるのか分からなくって;;;;
やっと発見!!

まさに今年の申年にふさわしい神社では\(^o^)/
銅猿さま・・・私が昭和27年生まれだから、その頃に再建
されたのね~~^^
  • ぶーばー♪
  • 2016-01-05 15:22
  • URL
a
b

こんにちは♪
KOTARO日記のこた母です。
今日は、コメありがとうございます♪
干支の申が、魔除けとして祀られてる神社!
それは、ご利益ありそうですね~。
絵馬も申~。
まさに、お猿さんづくし~。
今年はきっと、いい年になりますね♪
  • こた母
  • 2016-01-05 17:41
  • URL
a
b

Re: タイトルなし

> 今晩は
コメントありがとうございます。
そうなんですよ(笑) 申年のニュースになってました📺
猿が赤ちゃん抱いてるんです…
保育園の子供達がお詣りに来てましたよ👏

いい年になりますように🌄😄
宜しくお願いします♪

a
b

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minotolemonpiano.jp/tb.php/551-58257c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


スポンサーサイト

気になるものは、楽天でお買い物

お気に入りランキング

私のツイッター

スポンサー

あなたのサイトも収益化!

忍者AdMax
カスタムCSS